わすれなぐさ

思うこと。

愛される、を知って気づいたこと

それは、それまでの自分が
愛されていなかったことを
認められずにいた、ということ

本当に大切な人は
他の何かと比べる対象にはならない

比べた私は、
比べられた私は、

愛していなかったし、
愛されてもいなかった


ただそれだけでした